FC2ブログ
熱血・友情そしてささやかなエロを3本柱として アニメ・コミック・ゲームなど思いつくまま適当に紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングにご協力ください<(_ _ )>→にほんブログ村 アニメブログへ

「ゼロの使い魔」キャラクターCD1 ルイズ&才人編
20060829-2.jpg
えー、惚れ薬を飲んで才人にメロメロになったルイズですが…
惚れるのはわかったけどなんで体を求めてくるのかは謎ですな(笑)
シエスタと鉢合わせしてオタオタする才人。優柔不断男の悲しい習性が爆発。女心がわかっとりませんなぁ
惚れ薬は作るだけでも禁忌だということを知った才人はモンモを脅して解毒薬を探しに旅立つ
行き先はラグドリアン湖。あの街が湖に沈んだタバサの故郷ですね
そこの水の精霊にルイズの解毒薬「精霊の涙」をもらうのが目的です
精霊を呼び出したモンモだったがなにやら精霊の様子がおかしい
人間たちを敵視しているようです。
20060829-3.jpg
攻撃してくる人間たちを退治すれば「精霊の涙」をくれるという約束を交わし、その人間たちを待つ才人たち
そこに2人組がやってきます。早速退治しようと攻撃を加える才人たち
才人は紋章の力使ってるのにあっさりやられます、なぜだっ(笑)
その2人の正体はタバサとキュルケ。この2人にも勝てないのか才人…
2人は国王の命令で、洪水を起こしている水の精霊を退治しに来たらしい
やっぱりリンクしましたな。いや誰でもわかるのだが(笑)
事情を理解しあった才人たちは水の精霊になぜ洪水を起こすのか聞く事に
その理由とは盗まれたアンドバリの指輪を探すためというもの
水の精霊だから水の無いところにはいけない、だから世界を水で満たそうとしていたらしいです
っていうか地上にも精霊はいるはずでしょ、その精霊たちと喧嘩にならんのか?
とりあえず、その指輪は必ず取り返すと根拠の無い約束をする才人
ガンダールヴは信用できるとその約束をあっさり信じて納得した精霊さん、簡単すぎるぞっ
そしてルイズは元に戻るのだった。惚れ薬に侵されている時の記憶はしっかりあるらしい
って才人がその気で行動に移していたらこの2人の関係はどうなっていたことやら(笑)
てっきりタバサのお母様の解毒もするのかと思ってましたが全然出てきませんでした
かわいそうなタバサ。キュルケのいい奴度も毎回上昇してますね
それに比べてルイズってやっぱり世間知らずの温室育ちって感じがしまくりです

話題のアニメが盛りだくさんブログ村 漫画アニメは要チェックですよ
人気ブログランキング に参加中。応援してください
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://g009.blog9.fc2.com/tb.php/469-18979883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ゼロの使い魔 サウンドトラック何だか今回は、RPGとかでよく出てきそうな場面みたいでした。水の精霊に頼まれた秘法を取り戻せば水没した村を元に戻す・・・とりあえず次回の方向性はこれで決まった訳ですが、ルイズの惚れ薬によるデレデレが無ければどう見てもドラ○....
2006/08/30(水) 01:01:18 | 猫耳と少女とメイド服。
怖ろしい。。。。物静かなシエスタは 怖ろしい。。。。実は、一番 怖ろしいのは シエスタだったりして(苦笑)普段 おとなしいだけに 嫉妬 溜め込んじゃったら 爆発するのが 怖そう。と、思ってたら、シエスタの登場は これだけ?これじゃ、しっかりと ルイズと才人....
2006/08/30(水) 11:24:22 | 幻影現実 私的工廠 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。