FC2ブログ
熱血・友情そしてささやかなエロを3本柱として アニメ・コミック・ゲームなど思いつくまま適当に紹介しています。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなり最終回。今回は攻殻機動隊S.A.Cです
ストーリーは西暦2030年、情報ネットワーク化が加速度的に進展し、犯罪が複雑化の一途を遂げる社会的混乱の中、事前に犯罪の芽を探し出し、これを除去する攻性の組織が設立された。内務省直属の独立部隊公安9課、通称「攻殻機動隊」の活躍を描いた近未来SFもの?
同作品の映画があまりにも有名ですからご存知の方も多いでしょうけど

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
sac1.jpg
少佐の頭が射撃により吹っ飛ぶという衝撃的な終わり方をした前回。
拘留されていたトグサは15日後に突然開放される。
拘留されていた間の情報を得ようと奔走するトグサだが9課のメンバーは全員行方不明
少佐は死亡とされていた…
それから3ヶ月が過ぎた。
9課が追っていた厚生労働省の黒幕たちが逮捕されていく様子を見たトグサはあることを決意する
それは自分たちの手柄を横取りした検察への報復。
だが寸でのところでバトーによりそれは阻止される
行方がわからなくなっていた9課のメンバーは課長の策略により全員助かっていた
課長と総理との密約により、9課を悪者にして検察を動かすという作戦だったようだ
まさに名を捨てて実を取るを地で行ったというわけですな
sac2.jpg
もちろん少佐も健在だった。
射撃されたのは擬態のみで彼女は別のところから擬態を遠隔操作していたらしい
事実を知ってしまうとバトーの叫びが恥ずかしい…素子ぉぉぉ
その少佐はプリントメディアの墓場と化した国立図書博物館で「笑い男」と会っていた
そこで一連の笑い男事件の真相が明かされていく
たまたま電脳硬化症の薬をめぐる真相を知ってしまった少年が、それを広く公に知らせることを使命と感じ起こした事件だった。その後、姿を隠した彼の存在は大きく肥大して行くこととなった
あたかも新作を発表しないことで、その存在を誇張されてしまう作家のように
オリジナルの部材がオリジナル無きコピーをを作り出してしまう現象
「STAND ALONE COMPLEX」
わかったようなわからないような(笑)
この天才ハッカーを9課にスカウトした荒巻だったがそれは失敗する
かくして9課はまた活動を再開するのでした
よく出来ているだけに理解できたような気になりますが、でも全然わかってないような…
不思議な感覚になります。でもやっぱり面白いと素直に思いました

人気ブログランキング に参加中。応援してください
にほんブログ村 漫画アニメブログ←こっちもよろしくです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://g009.blog9.fc2.com/tb.php/243-68842150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。