FC2ブログ
熱血・友情そしてささやかなエロを3本柱として アニメ・コミック・ゲームなど思いつくまま適当に紹介しています。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと一休み的な回でした
ゲストキャラ・ウィルによる独演会と化してました
この声がちょっと個性がある声でして…古川登志夫氏。
あたるやカイのような軽いキャラの印象が強くて今回のウィルにあっていたのかどうか…
1010-3.jpg
自然の摂理を説いて聞かせるウィル
「息をすることはそれだけ死に近づくことになる」
なるほど、人間の一生に呼吸する回数は決まってるってことかな?
ということは絶望病の患者は長生きするということか
ウィルの妻は絶望病にかかっていた。
絶望病とは患者が絶望するのではなく、周りの人が絶望するから絶望病というんだとか
ウィルは自分は絶望していない、だから妻は絶望病ではないと言う
それを聞いたレントンはエウレカを思い出し、再び力を取り戻すのでした
1010-4.jpg
その頃、ホランドはレントンを探していた
レントンから荷物を盗んだ老人をボコボコにしてバックを回収。
この辺りが容赦ないとこですねぇ、きらいです
そしてレイとチャールズがレントンを連れて行ったことを知り昔を思い出します
この辺の事情はまだ明らかになってませんね
レントンの姉さんとかも絡んでくるんでしょうか
レントンを探していて軍の動きを知ったホランド。
軍の包囲網が完成しつつあるのに気がつきます。
急いでゲッコー号に戻るホランド。
その頃レントンもまたゲッコー号を目指していた
来週はついにホランドとチャールズが、レントンとエウレカが再会です

人気ブログランキングに参加中。応援してください
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://g009.blog9.fc2.com/tb.php/164-566cb09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
レイとチャールズの元を去りゲッコー号へ向かう途中
2005/10/10(月) 17:57:40 | When the cicada cries-せみがなる場合-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。