FC2ブログ
熱血・友情そしてささやかなエロを3本柱として アニメ・コミック・ゲームなど思いつくまま適当に紹介しています。

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK1
1218-1.jpg
ノルブ救出のため、首都防衛線の正面突破を試みるゲッコーステイト。
メンバーの気合とは裏腹にエウレカは誰かが死ぬ争いを恐れていた
戦意を喪失したエウレカにレントンも一旦戦線を離れることを決意
一方、アネモネもまたスペックUPしたニルヴァーシュに敗れたことで完全に自信を喪失していた。
レントンとエウレカとはまた違う関係のこの2人はどうなるのかも興味がありますねぇ
レントンは戦いを怖がるエウレカをやさしく抱きしめ、この戦いを自分たちで終わらそうと勇気付けます
レントンの成長の著しいこと。惚れるねこれは(笑)
1218-2.jpg
首都の防衛網を突破したホランドは兄・デューイと再会を果たしていた
兄弟だったんだっ、この2人。よく見りゃ似てるな
さらにタルホさんは兄貴のお下がりだったことも判明。
まぁ、よくあることかも(爆)
ホランドを目の前にし、テンション上がりまくりのデューイ
自分の方が優れていると必死の演説。それを一言で一括。
「相変わらずだな…でもちょっとガッカリだぜぇ、あんたが俺にぜんぜん追いついてないことがな」
帰ってきたぁ、かっこいいホランドがっ。
ホランドもまた大きく成長したということでしょうね
それにしてもアニメに出てくる民衆ってやっぱり扱いがひどいね
まぁ、現実世界でもちょっとした情報操作で選挙で圧勝したり、戦争おこしたりしてますけど…

人気ブログランキング に参加中。応援してください
にほんブログ村 漫画アニメブログ←こっちもよろしくです
いきなり最終回。今回は明日のナージャです
孤児院で育ったヒロイン・ナージャが旅をしながらお母さんを探すというシンプル極まりない内容です

明日のナージャ関連商品リンク
najya1.jpg
親友ローズマリーの裏切りをなんとか乗り切ったナージャがついにお母さんと再会…
と思いきやお祖父さんはそれを許さなかった。
幽閉されたナージャは部屋の窓から脱出を決行。
カーテンにぶら下がりながら壁を降りていく最中にどこかの部屋からお母さんの声がするのに気がつきます
窓越しにお母さんを発見したナージャはそのまま窓ガラスをぶち破って部屋に侵入(ルパンかお前は)
みごと母との再会を果たすのでした
najya2.jpg
公爵家を守ることしか頭に無いお祖父さんはナージャを舞踏会にデビューさせて公爵家の後継者としての既成事実を成立させようと企みます。しかし、自分や母親を苦しめた貴族社会に嫌気がさしていたナージャは公爵家の跡継ぎを放棄してダンデライオン一座に戻ることを宣言します。
そんな勝手は許さないと実力行使に出るお祖父さま。
用心棒たちに囲まれようとするナージャをフランシスとキースなどナージャの理解者たちが助けます。
カッコイイ≧∇≦
そんなこんなでダンデライオン一座に戻っておわり…
最後のカットがナージャの日記を閉じるところから、この話はナージャ本人が昔を思い出しながら誰かに話しているという設定みたいです

終盤のローズマリーとの争いは面白かったですが、それも優勢なローズマリーの突然の改心によって終了。
もうちょっとドロドロしたものが見たかったような気もします
貴族の階級を捨てるという常識ハズレの結末もちょっと納得しがたいですが…
まぁ、恩人である院長先生が死んでたり、友人に裏切られたりとこの手のアニメにしてはシュールな内容だったように思います。貴族に生まれた少年の苦悩なんかも織り交ぜていましたしね(笑)

人気ブログランキング に参加中。応援してください
にほんブログ村 漫画アニメブログ←こっちもよろしくです