FC2ブログ
熱血・友情そしてささやかなエロを3本柱として アニメ・コミック・ゲームなど思いつくまま適当に紹介しています。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070623-3.jpg
舞-HiMEシリーズは結構好きでこのOVAも楽しみに購入していたのですが遂に次回で完結
早いですよね~。でもまぁ今やってるアイマスもOVA化されるだろうしいいか(笑)
1巻も結構なサービスっぷりでしたが3巻も結構やってくれました
アインさん暴走でいわゆる一つのおっぱい祭りだったわけで…
しかも話の流れにあまり関係ないので完全に狙ったモノだったような気もします
アリカさんもいつの間にそんなにご立派になられたのやら(バカ

20070623-4.jpg
ロザリーお姉さまVSまきまきシホさん。完全にサイズでは圧倒されてますな(笑)
女ばかりのスパに入るのにパットを入れる必要がどこに?
それ以前にロザリーの水着がエグすぎて笑えた。
ムチまで持ち込んじゃって欲求不満なんだろうなぁ(バカ
シホは引退したくても貰い手がないような気がしまくるのは気のせいか(≧∇≦)

20070623-5.jpg
目の前でポロンポロンと大サービスされたら健常な男ならそれなりの反応をしますよ
ましてヤリたくてヤリたくて散々お預けをくらってる男であればね、カズくん
お飾り扱いされてる挙句に鉄のパンツまではかされちゃって、哀れすぎっ(T△T)
この2人が一線を越える日はやってくるのだろうか…
って感じでいつもどおりのオチで終わりましたとさ(笑)

それはさておき本筋はいたってシビアな展開に
ついにナオまでが石化され、ニナも不思議な力で空間移動して水晶宮らしき場所へ
ラストのあの繭の中身ってやっぱりアレかな…
次回も楽しみです
ブログ村 漫画アニメに参加してます。
人気ブログランキング に参加中。応援してください
ランキングにご協力ください<(_ _ )>→にほんブログ村 アニメブログへ

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
20061225-1.jpg
攻殻最新作を借りて見ました。話が結構進んでいるのにまずびっくり
素子が公安9課を去り2年が過ぎていて、隊長にはトグサが就任。しかも擬態化してますけどぉΣ(゚□゚*)
前シリーズでも結構脚光を浴びてましたけど完全にスタッフに気に入られたか(笑)
組織としてもかなり大きくなっているようです。人数が増えてる…
9課といえば少数精鋭という印象がありましたがいろいろと様変わりしたようですね
さて今回もテロ関係の事件を調査していた9課。
ところがこのテロ集団のメンバーが次々に自殺していく怪事件が起こる
その際、全員が「傀儡廻」というキーワードを残していた。
ハッキングにより電脳を操り自殺へと追い込むその手法に9課は傀儡廻は超ウィザード級ハッカーだと断定する
そんな中、テロ集団の1人を確保に向かうバトーの前に若い女が現れる
彼女の立ち居振る舞いから素子だと気づいたバトーは素子の事件関与を感じ取るのだった
しかし、素子はバトーにソリッドステイトには近づくなと言葉を残し去っていく
20061225-2.jpg
素子の事件関与をトグサに知らせるべきか悩むバトー
そんな中、13人のテロメンバーの最後の一人が入国したとの知らせを受けバトーとサイトーは確保へと向かう
サイトーとラジプートのスナイプ演出はかなり燃えた。かっこええ(・∇・)b
一方、子供の誘拐事件との関連を追っていたトグサに妻から娘が消えたとの連絡が入る
慌てて家に戻るトグサだったがそこには娘の姿が。事なきを得たトグサは娘を幼稚園へ送っていくことに
ところがそのトグサに「傀儡廻」からのハッキングがかけられる
ソリッドステイトを追体験させられ自由を失ったトグサは操られるまま娘を電脳施術病院へと連れて行く
二万人以上の誘拐事件がなぜ表沙汰にならなかったのか、それは親をハッキングしていたからだったのだ
親が子供の電脳化を行い、その際に子供の記憶を改竄。親の記憶も消してしまう
そうすることで誰も気づくことなく子供を手に入れていたのだ…
全てを知ったトグサは自分の娘を電脳化してしまう前に自由に動く右手で自殺することを決意する
トグサの異常に気づいたバトーはトグサの元に急ぐがわずかに及ばず…
うなだれるバトーの前に光学迷彩を解いた素子が現れる。間一髪トグサの自殺を阻止していたのだ
素子は「傀儡廻」の手がかりを掴むためにトグサを囮にしていたのだった、激怒するバトー本当にいい奴だ(笑)
20061225-3.jpg
こうして素子が9課に復帰。傀儡廻は聖庶民救済センターにいると結論づける
聖庶民救済センターとは、老人介護と職業訓練を提供するための福祉施設で
そこの管理・運営に携わるムネイという人物が傀儡廻ではということになる
ムネイは純血の日本人による支配階級を形成することを公約に掲げている政治家で外務省にも出入りしている
素子の調べからカルマ将軍暗殺を形だけのものにするために条約審議部と契約していたこともわかっていた
しかし確たる証拠もなく、センター突入を躊躇する9課だったが素子の決断により突入を決行。
この際タチコマたちが復活!
なんでもデータがネット上を浮遊していたのだとか…、そこまでして使いたかったのね(≧∇≦)
激しい抵抗に遭いながらもセンターのシステムを制圧。誘拐された子供たちの居場所を突き止める
そこで9課と遭遇したムネイ。身寄りのない子どもたちに税金をかけ教育を施し、
国の将来を担わせるためのシステムの何が悪いのかとムネイは荒巻に事態の正当性を主張
そこに素子とバトーが現れ、この子供達は誘拐された子供達だとムネイの告げる
ムネイはそれを知らなかった。全員が孤児だと思っていたのだ
そこで素子はプログラムの製作者の事情聴取を希望する
ところが名乗り出た男は自殺してします。慌てて男の意識に潜る素子。そこで全てが明らかになる
この傀儡廻と素子の会話はご自身でご覧ください。長くなるので(笑)
結局、この傀儡廻は素子自信だったのか?
並列して擬態に出たり入ったりする素子の残留思念のようなものが一人歩きした結果だったとも取れるが…
一方でクゼの存在を意識した素子の思考から、クゼの仕業ということも
理解しきれてなくてすいません。まぁ見た人がそれぞれ納得する人物を傀儡廻にすればいいのですが
「これほど身勝手な正義感を持つ人物は他にはいない」
と傀儡廻自らが言っているのでやっぱりクゼが傀儡廻という線が妥当かもしれません
現代社会の矛盾を鋭く突いた言葉の一つ一つが深かったです
結局、世の中に完全悪なんてないってことが攻殻シリーズの言わんとするところなんでしょう、たぶん

話題のアニメが盛りだくさんブログ村 漫画アニメは要チェックですよ
人気ブログランキング に参加中。応援してください
ランキングにご協力ください<(_ _ )>→にほんブログ村 アニメブログへ

(DVD)ネギま!?夏 スペシャル!?/ネギま!? DVD1 スペシャル版
20061220-6.jpg
CDに続きDVDも同じ友人に借りました
ネギま!?のことボロクソ言ってるくせに見たいの?などと聞かれ苦し紛れに
アンチ巨人ファンの方が巨人のこと詳しかったりするじゃん、アレと同じだよ、アレと。
などと意味不明なことを言いつつ必死の思いで借りた所存でございます
ダメなはずだと思いつつも話題作は見れずにいられない悲しいアニメ好きのサガですね(T△T)
OPは赤松先生書下ろし?の静止画の羅列でちょっとがっかりしました
のどかメインのお話ですがやっぱりその他もぞろぞろと出てきます
TVシリーズのようにメインが薄らぐほどの脱線は少ないので見やすいです
「夏」なのに温泉が舞台ということで自ずと裸体メインになるわけですよ(笑)
湯気ジャミングは無かったものの、まぁ隠すところはしっかり隠されてます…。冒険してほしかったなぁ(バカ)
20061220-7.jpg
そんな中、飛びぬけてがんばっていたのが明日菜さんでございます
ハカセの発明品に捕らえられて好き放題やられちゃいます
はずかしい所を奥までハカセに見せちゃってますなぁ、カメラさん回りこんで~(最悪)
映像は凄まじいが音声はいつもの色気の無い叫び声でして…無念(T△T)
でもOVAらしいサービスで地上波では絶対ありえない演出でよかったのではないかと

20061220-8.jpg
のどかとネギの音声サービスは燃えた「僕もう我慢できない…」「私もですぅ」(≧∇≦)
何度か聞きなおしたのは言うまでも無い(バカ
ラストは夕映の引き起こしたちょっとした事を解決して終了
オチは相変わらず微妙でしたが、十分たのしめた内容でした
だが地上波ではムリな部分を除いてしまえば、地上波放映内容と大差ないような気も…
まぁ、細かいことは気にしないでおきましょう。面白かったということは間違いないですしね

話題のアニメが盛りだくさんブログ村 漫画アニメは要チェックですよ
人気ブログランキング に参加中。応援してください
ランキングにご協力ください<(_ _ )>→にほんブログ村 アニメブログへ

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION 3 Limited Edition
20061101-1.jpg
あっと言う間に最終話。全3話というのが無理やりすぎてかわいそう…
予想通りココまで来たら主要キャラが勢ぞろい。そして各キャラがお約束のセリフを言いまくる(笑)
とにかく脈絡無く次から次へと展開するスピードは逆に見やすかったかも
いろいろ考えさせる余裕を与えないという感じで(爆)
ただし展開のスピードはありますが戦闘のスピード感はない(T△T)
ゼンガーが叫びまくる熱いバトルシーンはその動きがすべてを台無しに…
バルトールの生体コアにされるかと思ったゼオラやクスハたちは拒否反応が出たとかでよくわからない状況に
とりあえず意識のない状態でバルトールに乗せられています
それでクスハたちの操縦能力がバストールに反映されるらしい?

20061101-2.jpg
ラミアなんてエラいことになってますけどぉΣ(゚□゚*)
そして難なく救出される面々。さらには乗っていた機体で作戦に参加しちゃいます、もうメチャクチャ
最後まで整備兵だったリョウト。そこまでして出さなくても良かったのでは…
凄腕のギリアムさんも最後までよくわからないスタンスの役割でしたし…解説者?
で一応、キョウスケがボスに止めをさして終了。かなりの攻撃が直撃してましたがお構いなしっ
きっと装甲フル改造の上、超合金ニューZでもつけていたのだろう(≧∇≦)
回想でアルフィミィが登場しましたがゲームをプレイしてない人は何のことだか全くわからなかったことだろう
そしてエンディング。作戦終了で引き上げてくる様子が描かれていました
ラミアは何のために登場したんだろうか、かわいそう過ぎる扱い…
なんだか続編がありそうな終わり方でしたがこの出来では次はないだろう
少なくてもキャラデザは変えてくれ。そしてスパロボプレイしたことのある人が監修しておくれ(T△T)
声入れの段階で声優さんたちはどう思ったのだろうか…
数々の作品に参加されているトップCVさんたちなら発売前から結果がわかっていたのではないだろうか(笑)

話題のアニメが盛りだくさんブログ村 漫画アニメは要チェックですよ
人気ブログランキング に参加中。応援してください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。